わたしの好きなものを発信するサイトです。

(ロゴがダサいのは今は許してください)

プリパラの二次創作に近い考察

これはプリパラの「運営」というもの、そしてプリパラのテーマパークとしての側面を強く意識しての考察、そしてそれを逸脱して二次創作の領域に入った解釈です

プリパラの消えない余熱にあてられて思わず書きなぐった文章です

まず神様や精霊はただのテーマパークのアトラクションのお人形の発展版のようなもの。
「プリパラ 」という世界でプリパラアイドル達を交えて物語を織り成すためのNPC的存在。(あくまで立ち位置の、背負わされてるロールの話。自我が無いとか言いたいわけではない)


→❗️想定する前提:
ジュリィ・ジャニスの神アイドルグランプリやファララ・ガァララを巡る冒険は、言わばスカイリムのストーリーパートのようなもの。基本プリパラはアイドルとしてライブしたり友達とお茶したりオシャレしたりして楽しむ場所。冒険とかはただのストーリーパートだから、別にやらなくてもいい。用意したシナリオがアイドルたちに見つからなくてもいい。


「めがにぃやめがねぇ、神様精霊にもわからない事がある」っていうのも、知ってるけど役回りとしてトボけてるだけか、実際運営から情報が与えられていない、もしくはアクセスが制限されているため。


それもこれも”❗️”の前提でも示した通り、アイドルが力を合わせてそこを解き明かす事でドラマを生み、感動や思い出を創ってもらうため。何故ならここはテーマパークだから。

だから、基本はライブしたりお茶したりオシャレしたりと楽しんでもらう事を運営は想定してて、神様や精霊の類いに関するイベントってのは、運営の仕込んだドデカいイースターエッグ。
「気付かれなくてもいい。達成されないかもしれない。でもいつか誰かが気付いてやってくれると信じてる」、そういう類いのストーリーパート。「こんなの誰が気づくんだよ〜!」「受けとる側を信じすぎ!」っていう類いの仕込み。


(でもそう考えるとガァララとパックの夢奪いは役割を逸脱した電子生命体の暴走であり危なすぎる。メカねぇ爆発によるパラ宿プリパラ 崩壊も、規模が無茶苦茶すぎ。ひびき様がプリパラの改変をした結果最終的に人ひとり消しそうになるってのもあまりに無茶)


プリパラの本編は全部隠しルートみたいなもので、オシャレして美味しいもの食べてライブするのが通常であり、ボーカルドール騒動とか神アイドルグランプリとか時の聖霊は全部気付かれなくてもいい、発動しなくてもいいイースターエッグみたいなもの



今思えば「めがねぇの持ち歌」もイースターエッグでは?
誰もライブができなくなるというまずあり得ない事態になった時にだけ表に出るっていう、システムが通常に動いてるなら出るはずがないけど実は持ち歌仕込んでますっていうそういう仕込みプログラム



ファルル、っていうかボーカルドールって存在自体が隠しルートに入る鍵という可能性もある。
「ボーカルドールが現れた!歌声が凄い!どのライブでも優勝だ!………でもいつか、いつかそれを打ち破るような存在が出てきて…」っていう展開になる、なっても面白いよねって運営が仕込んだきっかけって可能性ある。まあ結局ファルルが倒れるって事態になって打ち破られるんじゃなくて助けられるって展開になりましたが



プリパラの運営側、「このきっかけを与えればこのルートがスタートするぞ」ってきっかけを埋め込むんだけどそれに気付かれなくてもいいやって節がある。しかも、人間と人間が影響与えあってたらカオス状態になるから予測なんてハナから諦めてて「一応どういうドラマになるかの想定は立てるけどその通りになることはまず無いだろうな」って考えてる節もあって、ルートの展開如何よりもどっちに転んだって(ファルルが友情を知ったって女神がアイドルになるような事があったって)面白くなるだろうっていう、きっかけそれ自体を創ること注力してる感じがある。




ひびき様のセレパラ騒動に関しても、運営にとってセレパラは意図してないきっかけだっただろうけど「これでドラマが生まれるなら介入は最低限に抑えてとにかく見守ろう」って態度をとっていた可能性がある。
まあ結局ひびき様肉体的な死を遂げようとしたしシステムはひびき様殺そうとしたから全然最悪の事態を避けようともしてないわけだけど。システムが人間を消そうとしてるのに「ま、待て!止めるな!良いドラマが生まれそうなんだ!」っていう運営ある?あるかもだけど、それほとんどネオサイタマ。




怪盗ジーニアスが暗躍してた時はどうか?と考えると、プリパラポリス3人とあじみが任命された。
怪盗ジーニアスを本当にやめさせたいならいかなる手を尽くしてもBANするのでは?でも実際の対応はプリパラポリスを結成させ内部の者に捕まえさせようとした。ジーニアスvsポリスという構図で盛り上げた。ライブもさせた。これはもうそういうことでしょ。運営が全てのドラマを面白がってる、という前提の上での解釈ですが。




プリパラが超自然空間と電子空間の半々でプリパラ内の姿は肉体が変容してるとした場合、らぁらの身長がバグで変わったみたいに、権限さえあればプリパラ内の人の病気を治癒したり逆に病気にしたり、外傷を治したり付けたり、妊娠してる状態にさせたり逆に堕胎させたり、数メートルにしたり数ミリにしたり、自由自在なのでは?ライブ中に急に心臓を9mにしたらどうなることか。めがにぃのメガネが渡ったのがひびき様でよかった…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。