わたしの好きなものを発信するサイトです。

(ロゴがダサいのは今は許してください)

半年間バックパッカーやってて身についたエセ超能力

半年間海外でバックパッカーしてた時の最後の2ヶ月間、スリランカとトルコに滞在してた時に、スリランカの言語やトルコの言語が一瞬彼らの話す文脈に合った日本語に聞こえる現象が度々起こった。

例えば横を歩くキャイキャイした女の子の集団の会話を聞いていて、ある女の子が仲間にちょっと大きめの声で返した時、その言葉が「え、それヤバくない⁉︎」って言ったように聞こえる、みたいな感じ。

もうちょっと説明すると、日本語で会話してたら今の言葉の発音の仕方・声の大きさ・イントネーション・全体の会話のテンポ・テンションなどを鑑みたら今の発語は「え、それヤバくない⁉︎」って感じの事を言っただろうな、って後から考えたらそう推察できるような事がその場で無意識で脳で処理されてまるで文章の意味、発話の意図だけがそのまま伝わってきたように思われる……みたいな感じ。

あくまでそれは自分が勝手に推測した言葉だとは思うけど、発語された物の意味だけが脳に飛び込んでくるような、まるで耳で聴こえた気になるような、そんな風に感じられるものだから(えーっ超能力目覚めちゃったかついに!)と思った。

その現象が起こった時は言語の垣根を超えたような、文化が地続きになったような、そんな感覚だった。

勘違い超能力だとは思うけど、半年間理解できない言語を聞き続けてその域に辿り着いたんだから1年や2年旅を続けていたらどれほどになっていたんだろうと思う事が日本に帰ってから度々あり、その度に旅に出たくなる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。