わたしの好きなものを発信するサイトです。

(ロゴがダサいのは今は許してください)

好きな事と得意な事の違い

好きな事と得意な事は違うという話、前までは(へぇ~そんな残酷なシチュエーションあるんだ人によっては)と思ってたけど、最近身に染みてわかる。

このマガジンの他の記事も読んでる人はわかると思うけど、私は神妙な文章を書く。真面目で、感慨深そうで、ちゃんとしてて、静謐な文体で書いてしまう。
そんなに真面目でもなくない?と思ったそこの貴方、私の中ではこれは真面目な方なんです。真面目で、私にとってはつまらない文章。他の人がこういう文体で書いてたら「素敵な文章ですね」とは思うけど、自分が書いてたら「なんだこのつまらない文は!」と思ってしまう、そういう文体。私にとっての理想じゃないんです。こんな書き方は。神妙すぎるんです。『神妙過ぎるんです。』って書いたこの書き方、言い方さえもうヤなんです。理想じゃないんです。

私が書きたいのは、例えば………ホラ?な?わかるだろ?ポップでさ、読者にもっと語りかけるようなさ、それでいて笑わせられるッつーかさ……こっちの真剣さなんて上手く隠れちまうような、そういう文なんだよ。
だのに!!だっていうのに!神妙なのなんて書きたくないしそういう人にはなりたくないのに神妙で真剣な文がへらへらと出てくる!お前達はお呼びでないんだよ!


ということなんですよね。今はさっきフランクな文体で書いたからちょっとは真剣さが抜けてきたけど、ほら、だんだん戻っていく。ああもうだめ。神妙ゾーンです。真剣で神妙な文が書きたくてもそうはいかない人にとってはきっと尊敬と羨望の的なんだろうなとは思います。でもそうはなりたくないんですよ私は。もったいないと思われても、これは理想じゃないんです。好きな文じゃないんです。
そういう表現はしたくない。もっとポップで楽しくて笑わせられるような表現がしたい。なのに。


という一方で、”できる事”っていうのはとっても大事で大切にすべきことだとも思うんです。先述の「神妙で真剣な文が書けなくて悩んでる人もいる」ってのもそうです。し、加えて私は最近まで献血ができる体で、献血した後献血ルームでぐだぐだするのが趣味だったんですがおそらくもうできないであろう体になりました。したいのにできない。あんなに普通に享受していた権利がこんなに遠いものになるとは思いませんでした。
そういう実体験もあって、したいのにできない事ができるっていうのは大切にするべきだなと私は思います。「できる事」が私で言う神妙な文章のように邪魔だと思っても、取り払わずにいる方が良いと思います。


でもその「できる事」が自分のなりたくない、やりたくない事だったら…ウーンそれはまぁ…その時はまぁ…うん…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。