わたしの好きなものを発信するサイトです。

(ロゴがダサいのは今は許してください)

映画『いのちの食べ方』感想箇条書き

・うぇぇえ!

・でももっとみせてほしい

・2020版も見たい。だって2005年の時点で屠殺方法もレザーフェイスの頃とも全然違うわけだから

・みんなマスクしないの?花粉とか動物の皮膚片とかでアレルギーになるでしょ。屠殺の時は菌とか入りそうだし

・この作品観てる時足の毛剃ったばっかりで痒くて掻いてたけど、この足から出る微量な皮膚片も足の毛も全部あれらのタンパク質からできてるんだな…と思うと感慨深いものがあった

・牛が電気ショック与えられる空間に入った時に、入っただけで怯えて暴れだすの見てるこっちも怖かった。なんでわかるの。血の匂い?あの場所では出血してないからそんなに匂いも濃くないはずなのに

・牛のお腹を捌いて血を出すシーン凄かった。血の色が濃かった。血があったかいから湯気出てた。口と鼻から無限に黄色い胃液出てた。

・牛を真っ二つにするチェーンソー、ガンダムSEEDのビームサーベルみたいだった

・正直もっと牛豚鶏魚の屠殺を見たかった。そっちの方が興味あった。植物も生物なはずなのに興味の量が激しく違う

・プランテーションといえば東南アジアみたいな印象あったけど、南北アメリカも凄いな…。丘何十個を単一栽培に使ってるの

・伊坂幸太郎の本で「悪は分業したら誰でも為せる」って言葉があったけど、分業したらほんとに何でもできちゃうなと思った。悪じゃないけど。逆に分業しなきゃ絶対できないだろうな。全部こなせてその仕事続ける人材をあの規模で見つけるのは現実的じゃない

・やっぱ動物を直接殺す担当は交代制なのかな

・ミニ豚飼ってる人はスーパーの豚肉をどう思ってるんだろう

・2000年代初頭か90年代後期の映像だと思うけど、思ったより手作業多いな。特に野菜。絶対腰を痛めてる

・岩塩ってそう採ってるの⁉︎って一番びっくりした。景色がもうSFだし、そんなに深く掘り進めたの…?そんなに長く岩塩層広がってるの…?そんなに掘り進めて崩れないの…?ショベルカーで岩塩ね…スゴイ。運搬してるエレベーターとか穴を支えてる資材錆びそう。粉塵が目に入って痛そう。もし目に入ったら擦ろうにも体と衣服の全てに塩の粒子が付いてるよ…どうするの…

・子豚、必死に乳吸ってるけどみんなあんな風に食肉加工されるんだよな。そして自分や家族が食べて賑やかな食卓になる

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。