わたしの好きなものを発信するサイトです。

(ロゴがダサいのは今は許してください)

映画『カンフー・ヨガ』感想箇条書き

・最後のダンスでにっこり!

・ジャッキーチェンが大量のバックダンサーを付けて踊る。これだけで見る価値ある

・ジャッキーチェン要素の強いインディ・ジョーンズ。動物要素(CG)もたくさん!

・インドの方々に対して取っ付きやすくしたカンフーPR動画

・ジョーンズと王女の妹が捕らえられるシーンのグダ感が笑っちゃった

・ジャッキーが車に乗ったらライオンがいた(本当に居ただけ)。敵が知らずにこっちのバンに乗り込んで来たら「ライオンがいるぜ!」「ウワーッ」みたいな展開も無く、最後ライオンが吐いて終わった。

・地下遺跡の橋渡るシーンなんか完全にジャッキーチェンの映画

・一番最後の中国人制作スタッフ(?)によるダンスが、ちゃんとは練習してないというのもあるだろうけど結構バラバラで統一感ない印象だったので、いつも観てるインド映画のダンスの揃いっぷりは本当に努力の産物なんだなと感じた。インド行った時ダンススクールの教室の窓に「バレエ」とか「ヒップホップ」と並んで「映画用ダンス」(正確な文言は忘れた)とかあったもの。あそこで踊るのは結構な狭き門らしいですよ。聞いた話だけど。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。