わたしの好きなものを発信するサイトです。

(ロゴがダサいのは今は許してください)

シュウカツ!進めてます

地方の平々凡々な中小企業に就職してしまう事を「都落ち」だと思ってしまう自分がいる。どんだけ自分の事過大評価してんだ。一般の企業に就職できないと人生詰みだと思っている自分もいる。それだけの事で二十数年間培ったことが全て無駄になるわけじゃないのにね。でもそう感じて仕方ない。なので中小の自分の望みとは無関係な企業の会社説明会に行くのも嫌だし、保険ですら受けたくないと思ってしまう。お金が稼げればなんでもいいと思ってる一方でそんな事を思う。「普通」になってしまうのが嫌なんだと思う。自分の理想のことをできているなら自分の中での自分に普通認定しなくていいけど、理想ですらないならそれはもう、日銭を稼ぐ為だけの、何かもう全然普通の、自分の忌むべき姿。日銭を稼ぐ為に働くのも普通であるのもどこも悪くない事のはずなんだけど、どうしても理想から外れる事に恐怖を感じてしまう。

就活をしている今が一番スケジュールが充実してると思う。ここ5.6年で一番。「やる事が無さすぎると自殺したくなり、スケジュールが充実していると希死念慮が出ない」説を提唱してきたけど、そうもいかないかもしれない。別に今死にたいと思ってるわけじゃないけど。
でも漠然とした疲れは感じている。スケジュールが増えれば疲れも増えるのはまあ道理だけど、もうちょっとなんか、プラス充足感とか感じるのかと思っていたよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。