わたしの好きなものを発信するサイトです。

(ロゴがダサいのは今は許してください)

映画『スターシップトゥルーパーズ インベイジョン』感想箇条書き

・毒を喰らわば皿までということで観てみた。なんで?って思うところはあったけど結構面白かった

・おっぱいを無造作に出せばスターシップトゥルーパーズらしくなるというわけではないぞ!

・リコが女王バグに捕まってからのスーツパージでナイフ刺突の流れは熱かった

・えっ目を刺されただけでそんな打撃与えられるんですか⁉︎とは思った

・マローダー、全裸で乗らなくてもいいほどに進化したんですね

・一般兵が着用するスーツも跳躍増強機能や足裏マグネット、スニークモードと多様化してて進化すごいなと思った。そんなになるほど戦争長引いてるんですねとも思った

・チョウ、カンフーで戦えそうだったのでなんでメット脱いだの!

・グレネード使っても艦内の地面や壁が傷付かないのすごいなと思った。でもそんなに硬い壁面ならブリッジでマズルフラッシュによるモールス信号なんてやった跳弾半端じゃなくなるのではとも思った

・最初の爆弾要素を最後にも持ってきてて、二転三転しつつも大変収まりが良い脚本だった

・艦隊の船をハックできるほどバグが進化してるのはすごかったけど、そこまで進化してても人間と対話する時には人間の死体使わなきゃだめなのかよとは思った。まぁ人間とバグが意思疎通するシチュエーション自体少ないしその時には大抵死体が落ちてるだろうからわざわざ発生器官進化させるほどでもないのかなとも思った。

・ジョニーリコ、将軍になっても機動歩兵の魂を忘れてないのはさすがだぜ…!と思ったけど将軍が前線出ちゃだめでしょとも思った。インベイジョンも面白かったけど1が「現場と上層部の階級の違いによる命の軽さの対比」みたいなのを示しててそこが持ち味の一つみたいなとこもあったから、スターシップトゥルーパーズのシリーズとしてその描写はどうなんだろうとは思った。熱かったけどね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。