わたしの好きなものを発信するサイトです。

(ロゴがダサいのは今は許してください)

映画『セッション』感想箇条書き

・はぁあぁ〜〜〜〜!?!?!?何その終わり方!!!最高なんだが!
・あちあちあちあち
・あちぃ〜
・音楽の映画でこんなにドキドキしたの初めて
・音楽の映画でこんなに息を止めてたの初めて
・次のチャーリーパーカー、育っちまったな…
・教授の言ってた通り「厳しい環境で折れなかった奴が次のチャーリーパーカーになる」ってのが証明されてしまったのが悔しい
・教授、音楽界のハートマン軍曹だ
・「行き過ぎた指導が…」って話になった時、あ、やっぱり音楽界はこういうものとかじゃなくてコレ行き過ぎた指導なんだってホッとした
・教授の下にいると主人公まで変わっていっちゃうの怖いね
・レンタカー運転しながら本番に赴く主人公の気迫が凄い
・DVDで観てたからエンドロールが終わった後タイトルメニューに戻って「ウィップラッシュ」が流れるんだけど、もうやめろ!聴きたくないそれは!ってなった。あまりにもそのイントロへの想いと情報量が多すぎて…
・昔吹奏楽部だったから、サックスのリードを舐めたり管楽器の唾出したり譜面めくったりするのが懐かしすぎた。あと合奏の時の嫌な記憶と、一年に何回か受けてた「厳しくて偉い先生の全体レッスン」を思い出してこの映画の教授のレッスンにめちゃめちゃ感情移入できて、まあ映画体験的には良かったと言えるけど実際肌身に感じすぎて嫌だった
・「ウィップラッシュ」や「キャラバン」をやるぞって言っといて実は新曲でーすここで失態を晒したお前はもうスカウトされる事はない。ってとこからの失うものも無くなった主人公の追い上げが無茶苦茶熱かった
・今回の主人公みたいな「楽器もできて演技もできる人」ってどこから探してくるんだろうか。演奏者専門の役者がいるのかな

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。