わたしの好きなものを発信するサイトです。

(ロゴがダサいのは今は許してください)

映画『トランス・ワールド』感想箇条書き

よくこんな面白い作品を低予算で作りましたねぇ

予算と面白さは比例する訳では無いことを示す好事例だ

まず自分がこの映画何年製なのか知らなかったから、登場人物に対しても「えっ2011年生まれの人⁉︎」ってより新鮮に驚く事ができた

邦題「トランスワールド」だけど、原題”ENTER NOWHERE “じゃん。同じカタカナ2単語なのに違う邦題にします〜?

知名度低めだから多くの人に観てほしいけど、魅力を伝えようとするとネタバレを含むから伝え方が難しい作品だ

序盤の退屈さからは想像できない終盤の盛り上がり!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。