わたしの好きなものを発信するサイトです。

(ロゴがダサいのは今は許してください)

映画『プリデスティネーション』感想箇条書き

・登場人物全部自分じゃん!
・ロバートソンと自分じゃん!
・卵が先か鶏が先かの話だった
・「バーテンダーと性転換した女性」の一方的な情報格差がある状態からそれが同一人物だという事がわかり格差がゼロになり、今度は「爆弾魔とバーテンダー」が同様の状態になりそれらを構成するのが全部”自分”ってのが気持ち良かった
・時空系SFとして結構な出来。素晴らしい
・自分、時空系SF好きかもしれない。ルーパーとか

・ 最初(これ時空系SFって聞いたのにずっと女性の身の上話してるなぁ…)って違和感があったけどこれなら納得

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。