わたしの好きなものを発信するサイトです。

(ロゴがダサいのは今は許してください)

満足について

何でジブリのキャラクターやアニメのキャラクターは自分に自信があるのか。なんで「今日は良い日になりそう!」 と思えるのか。何故日常に、暮らす街の風景に絶望しないのか。


上には上がいる。どこまでいっても。一生をかけて辿り着いた境地でも、さらにまだ上がいるかもしれない。そして、上には上がってことは、下にもさらに下がいるってことになる。
言い方は悪いが、私の下の下のそれまた下の、所謂「持たざる者」達も、それでも現状に満足していたり、幸せを感じてたり、自分に自信を持ったりしている。なのに私は何故。
逆に、私が「あほほど何も持ってない者」に見えるほどに上の上のそれまた上の人でも、日々に幸せを感じれなくて困ってる人や、(自分は何もできない。何も持ってないし何者でもない)と思ってる人もいると思われる。私という存在がその証明である。
以上のことから、”今の自分”、”今自分が出来ること”、”自分自身の成長”に満足し、それにちゃんと自信を持つしかない、というかむしろ、それがとてもgoodな解なのではないかと思われる。

しかしそんなことはわかっている。頭では。でももう全然全く、どうすればそう思えるのかがわからない。
ジブリなどに出てくる自分に自信持ち持ちガール、及びボーイはどんな幼少期を送り、どんな経験を積んで、どんな生活をしどんな行動を続けてたらそのようになったというのか。もしくはそういう性格やそこまでの自信、自己肯定感ってのは、完全にフィクションの中の虚構なのか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。