わたしの好きなものを発信するサイトです。

(ロゴがダサいのは今は許してください)

漫画『ぼくらの』を読んでの諸感

『ぼくらの』の「個人の死に大した意味はない」とか「残された人が苦しくても結局別の何かで充足して生きていくだろう」ってチヅの死生観、自分のその考えに至ったことはあるからわかるけど、この作者さんは何と向き合ってこれに至ったの?
そしてチヅ姉みたいな良い人も同じリアリティで描いているぞ?


「全体を構成する一部」とか「生命に対する業と責任」とか選択と結末みたいなのも、作者さんが何を感じて何を経験してこれが滲み出てきたんだ

個人的に一番気になるのはジアースの順番が回ってきた後の古茂田の「自分の死を受け入れた時世界が美しくみえる」ってやつ。その感覚はなんとなく推察できないことはないけどあくまで推察の域を超えないもので、感じた事はないし一番感じてみたい。 

余命を告げられる以外でこれを描けるのかな。作者さん余命宣告されたことでもあるのかな。それとも想像で描いてるのかな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。