わたしの好きなものを発信するサイトです。

(ロゴがダサいのは今は許してください)

私の性自認と性指向

私は自分の性がなんなのか考えだした辺りから、「性自認とか性志向とか、はっきり分ける必要なくないか?」と思っていました。レズだとかバイだとかゲイだとか、名前を付ける必要なくない??って思ってました。まあ今もそう思っています。名前なんてどうでもいいと思う。その人がただそうあるだけだから。

でも、皆さんどうですか?例えばもし色の名前がRGBの赤緑青しかなかったら、日常生活のコミュニケーションがめちゃくちゃ不便じゃないですか?Rが100でGが50で…とか毎回毎回色を指定するのにRGB比を伝えるの面倒臭くないですか?せめて七色くらいの色の名前があった方がコミュニケーションがしやすくないですか?ここは黄色でここは紫で…みたいな、会話がしやすくないですか?
若草色とかどどめ色とか鈍色とか群青色とか紅色とかその辺の細かい色の名前までは覚える必要ないし厳密に分ける必要は無いけど、せめて7色くらいは分類の名前があった方が、会話がしやすいという意味において良いと思いませんか?


というわけで長々と色の例えをしましたが何が言いたいかと言いますと、性自認や性指向をはっきりこれだと、唐紅色だとか薄紅色だとか厳密な名前をつける必要や意味は全く感じられないんですが、7色くらいはみんな色の名前を覚えておいて”黄味がかった白”だとか”青の強い紫”くらいの表現で伝えたい色を表現できるのが丁度いいバランスなんじゃあないかなと思うわけです。
偶然にも性的マイノリティのフラッグは虹色で「性はグラデーション」なんて言葉もあるそうですから、私の言いたいことと適ってるのかなと思います。性はグラデーションではっきり分けられるものではなく分ける必要も感じないんですが、それはそれとして分類の言葉というのは数種類存在してる方が単純にコミュニケーションの成立のしやすさとして便利なのであった方がいいかもな~などと思います。


ただ一つ私の中でもちょっと不勉強で理解が及んでいないのが、果たしてどこからが『細かすぎる色の名前』でどれが『王道の七色』なのかってことです。普通(?)の性、LGBTQくらいまでは『王道の七色』級と言えるのかなと思うんですが、パンセクシャルですとかノンセクシャルですとか、ポリセクシャルやXジェンダーなどは『細かすぎる色の名前』の領域なのかそれともみんな覚えた方がコミュニケーションしやすいレベルのものなのか、それがよくわかってないです。

思えば性指向がグラデーションなんてよくある話ではないでしょうか。性指向って…要は性癖の話ですよね。ネット巡回HENTAI画像収集人間なら気付いているのではないでしょうか。他人の性癖の多様さに。寝取りはオッケーだけど寝取られは興奮できないとか、石化は全く理解できないけど需要あるのはわかるとか、自分は人間に近いケモなら興奮できるけど友達はリアルケモにまで興奮できるとか、そういうの全然ある話じゃあないでしょうか。性自認はわからないけど性指向に関しては、そういう話の延長にあるのでは?と思う時があります。


私の性指向の変遷は、二次元三次元に関わらず女の子なら興奮できる→二次元だけなら限りなく女の子に近い見た目の男の娘なら興奮できる→中性的な見た目の男の子なら興奮できる→三次元でも極めて女性的な見た目なら興奮できるという感じです。え、、私は何故インターネットで性癖の話をしている……?それで言うならヒト型の無機質なロボ娘にも興奮できますが??(突然のマウント)私が初めて漫画で蟲姦の良さに目覚めた時の話でもしますか?


で、長々と性のグラデーションだの性指向だの書いてきましたが、シメに私の性自認についてでも書いていきますか。
これ長年考えるのを避けてた節があるので、書いていきながら考えていきますね。
考えていくとは言いましたが、長年考えるのを避けていた…というその時点でつまりLGBTQのQ、クエスチョンなのでは?と思います。クエスチョンは男性とも女性とも決めたくない人…ウン当てはまる。男性と女性の間で揺れ動いているわけではない…からXジェンダーではないのかな?でも男でいたいとも思うし女の子でいたいとも思うわけですよ。これ”揺れ動いてる”っていうのかな?そこがクエスチョンとXジェンダーの違いと書かれてるサイトを見たので気になってしまいます。
でもよォ~ッ。私はLGBTとかそう気にしないタイプ(たぶん)なのでそういう意味ではパンセクシャルって言える…のかな…?いや私によくあてはまりそうなのは今見てるこのサイトによればポリセクシャル…?先述のように極めて女性的な三次元男の娘なら興奮できるというように外面が女性的であることが興奮条件としてあるようなのでポリセクシャルなのかな…。ヤでも興奮はできないけど普通にどんな性自認の人とも仲良くはなれそうなのでつまりパンロマンティック…?あ、でもとある診断サイトではXジェンダーと言われたな。でもこのサイトのXジェンダーの定義はかなり広義だな。

わからん!わからぬわ!


まぁね~。私冒頭で陳述した通り無理に細かく分類することに必然性を感じていない者なのでわからないままでいいんですよね。自分のこの状態が何に当てはまるのか、細かい色で言えば何色ということになるのか、気にはなるけどそこまで知らなくてもいいかなって思っちゃうんですよね。
だから「性自認について書く」とは言いましたが、何に当てはまるのかはわからないという結論で終わってしまいました。いかがでしたか?参考になりましたか?(なにが?)


はっきりと何色とは確定させませんでしたが、詳細は述べた通りです。性自認は、男でもいたいし女でもいたい。どっちでもいたいしどっちでもいたくない。性指向は女の子と見た目が女性的な男の娘、あと無機質なロボ娘と蟲姦です。
それがジャンルで言えば何かはわかりませんが、はっきりさせないという所まで含んで私の主義ということで、うまく納まりませんでしょうか?(こういうセンシティブな話題に関してはおいそれと違うとは口出しできないでしょと思って少し強気に出ている)

あ、私の体の性別を言ってませんでしたね…。それは……。

内緒だよ!!!!!!!

言うとお思いか!男とも女とも思われたくないっつってるしょう!

そうゆうことです。ご清聴ありがとうございました。また逢う日まで……chao……..

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。