わたしの好きなものを発信するサイトです。

(ロゴがダサいのは今は許してください)

落ち込んでから復帰するまで

Twitterを閉じてからまた開いてる。全く何をやってるのかわからない。


デプレッションなのでかなしいことを書きます。悲しい時は悲しい歌の方が寄り添ってくれるのと同じで、悲しい文章の方が寄り添ってくれる。そして自分に完璧にフィットする文章はこの世に存在しないので、これから自分でそれを生み出します。これは文章化する事で気持ちの整理をする意味もあります。ではLet us go

朝は好き。まだ一日を失敗してないから。始まったばっかりだし。失敗してる事も少ないから。なので夜は好きじゃない。日がな一日でできなかった事が積み上げられていった後だから。十数時間を無為に過ごしてしまった事を悔やむから。


ポエットだなぁ〜素晴らしい文章を書くなぁ自分は。素晴らしいよ。まだ行こう


楽しい気分が続いてる時にふと(あ、今死に近いな)って感じることがある。なんらかの作用によって今急に死んでもおかしくない気がする。し、自らの意思で何らかの手段で死んでしまうような気もする。この先も全然生きるつもりのある話をした後に急に命を絶ったら皆びっくりするだろうなって思う。何であの時気付かなかったんだろうってみんな悔やむかもしれない。まあ気付くはずがないよね。その時の自分にとっても急な話だからね死は。

中二だなぁわたし。中二だよ考える事が。でもそれが最高。もちょっと行こう

あー気分が落ち込むよ。今死んだら何が起こる?少なくとも卒論からは逃れられるかな。逃げてばっかだなわたしは。そういえば大学の授業で提出する文章に「同世代の親戚が結婚して家庭ができたら独身で浮いてる私は親戚の集いの時肩身が狭い思いをすると思うのでその為だけにネパールの山奥に逃げてお坊さんになります」って書いたら担当の教員から「そうやってあなたは死ぬまで逃げ続けるのでしょうね」ってコメント書かれたことある。その通りだ………。中規模のクラスだったのによくそんな的確なコメント付けられたな。その教員さんも身に覚えのある感覚だったのかな?自分もそうだったけど逃げずにもがいて今の自分がある、的な。
でも、最近は割と逃げずにやってる。卒論以外の事は。ダンスとかバドミントンとかバイトとか友達作りとか。逃げてばっかりは楽だけど、それじゃ誇れる自分には一歩も近づけないので。死もある種の逃げと言えるから(それが良い悪いは別として)、逃げたくないわたしは…死なないを選ぶ…か?それは…ウーン…答えを控えさせていただきます。だって死は最後の最期の切り札ですからね。そんな簡単に捨てるわけにはいかない。じゃ卒論は?卒論からは逃げる…?いや卒論からも逃げる訳にはいかないな。でもやりたくね〜。卒論自体をやりたくないっていうか、ゼミでその過程を発表して評価されるのが嫌なのかもしれない。っというか、卒論から逃げる→死となるのおかしくない?退学とか休学とか、もうワンクッション挟もうよ。話題が錯綜してきたな。卒論から逃げるために死ぬって話でもなかったでしょ?死んだら少なくとも卒論からは逃げられるって話で、そっからわたしは逃げてばっかだって話で、でも逃げない方が自分の為だよって話で、だから死なない…?いや死ぬ…?って話でしょう。いやこれもまとめてる様で全くまとめてないな。だいたい前の文を読み返せばわかる事をわざわざ頭の思考過程を文字に書き起こす必要が無いし…。まあまあまあ、頭と文字を直結させる事ができるって特技って事にしてよ。そうならわたしが救われるから。余談ですが本当は頭と口を直結させたいんだけどね。余談?また話が逸れようとしている?


とまあ、死から始まったのに死と関係無い事でこんだけ話が広げられるって事はデプレッション状態から立ち直ったってことで!
貴方は今貴重な瞬間を目撃した。それは一人の人間がD E P R E S S I O N から復帰した過程だ。よかったですね。これを2ブロック先までそれぞれ走って大声で伝えてくれ。この尊い記述を。戻ってきたらオレンジジュースあげるからな。じゃあ行ってくれ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。